デメリット③脱毛期間は日焼けができない

全身脱毛に通う際の注意点は?

エステサロンや脱毛酸の全身脱毛エステに通う場合、カウンセリング時にスタッフから詳しく説明を受けることと思います。自宅での肌のお手入れや注意事項について、話を聞くことと思います。その時になにか不明な点があれば、スタッフに尋ねておくと良いでしょう。

全身脱毛ではおもに光脱毛と呼ばれる最新の脱毛法が主流となっていますが、美容クリニックなどの医療機関では、光の出力がさらに強力なレーザー機器による脱毛治療が行われています。いずれも光のパワーを用いた脱毛法であることから、脱毛の前後は日焼けしないようにと注意を促されることと思います。

なぜ日焼けをしてはいけないのか、それは日焼けによってメラノサイトが生成され、メラニン色素が沈着して、脱毛処理をする時に光りのパワーが反応して、脱毛処理にも影響を及ぼす可能性があるからです。

日焼けをすると、肌のバリア機能が弱くなり、乾燥肌を招く原因となりますので、肌ダメージを引き起こすことのないように十分に注意しなければなりません。

全身脱毛に通う期間は念入りに紫外線対策を

全身脱毛に通う期間は長くなりまての゛、その間に肌ダメージを引き起こすことのないように十分に注意する必要があります。

とくに、夏の日差しが強くなると、紫外線による影響を受けるので、帽子や日傘、サングラス、長袖の薄手の服を羽織るなど、紫外線対策を入念に行うように心がけておきましょう。

外出時には、日焼け止めジェルやクリームを塗るなど、万全な対策をとるように心がけましょう。中には、「脱毛はしたいけど、日焼けサロンに通って、全身の肌をこんがり小麦色にしたい。」という人もいますが、脱毛前後の日焼けはおすすめできません。日焼けをすることによって、肌のバリア機能が低下する原因となりますので、くれぐれも注意が必要です。

全身脱毛の施術を受けるにあたり、最低限これだけは守らなければならないことがいくつかありますので、ふだんの肌のお手入れや紫外線対策など、自分でできることはきちんとしておいた上で、脱毛後の美しい肌を目指したいものです。